2010年03月11日

埼玉の4歳衰弱死、両親「診察が必要」と認識(読売新聞)

 4歳の次男を衰弱させ、放置したとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された埼玉県蕨市中央の無職新藤正美(47)、妻の早苗(37)両容疑者がいずれも、蕨署の調べに対し、「病院に連れて行かなければいけないという認識はあった」と供述していることがわかった。

 捜査当局は、両容疑者が次男の力人(りきと)ちゃんの症状の重大性を認識しながら、医師の診察を受けず、必要な栄養も与えなかったことが衰弱死につながったとみて調べを進めている。蕨署は5日、両容疑者をさいたま地検に送検した。

普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
パチンコ店で340万円奪われる=男が従業員殴り逃走−北海道(時事通信)
「病院に予約、急いでた」91歳ひき逃げ逮捕(読売新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
posted by フジハラ トシハル at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普天間移設先には経済振興策 前原担当相(産経新聞)

posted by フジハラ トシハル at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。