2010年03月17日

小型ロボットアーム取り付け=「きぼう」で野口さん(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)は10日夜、日本実験棟「きぼう」のロボットアームに、「指」となる子アームを取り付けた。先端につめが付いた子アームは、きぼうの船外プラットホーム上にある箱状の電子機器などを交換するのに使用。無事機能すれば、きぼうの恒常的な設備がすべて整う。
 子アームは長さ2.2メートル、重さ190キロ。親アーム(10メートル、780キロキロ)に比べて小さいが、関節は同じ数の6カ所ある。きぼう内から宇宙飛行士が操作し、細かい作業ができる。
 子アームは昨年9月に日本の無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」できぼうに運ばれた。野口さんが今年1月に組み立て、船外に通じるエアロックに入れた。この日はエアロックの外側のドアを開き、子アームを取り出した。 

海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流(産経新聞)
<民主、公明両党>急接近 選挙目当てと与野党から批判(毎日新聞)
沖縄密約 無利子預金は1億347万ドルとほぼ同額 菅氏(毎日新聞)
大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
自民への献金を日医連が凍結(産経新聞)
posted by フジハラ トシハル at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。