2010年05月29日

仮想マルチ商法 ペーパー会社複数介在 資金流れ不透明化工作か (産経新聞)

 インターネット上の仮想空間を使った連鎖販売取引(マルチ商法)をめぐる特定商取引法違反事件で、埼玉県警が家宅捜索したネット関連会社「ビズインターナショナル」(さいたま市)が客集めに使っていた仮想空間のシステム開発に、実体のない会社が介在していることが28日、捜査関係者などへの取材でわかった。

 この会社は、ビズ社とシステム開発の業務契約を結んでいるとされる「I・D・R」(東京都港区)。県警は、ビズ社が複数のペーパーカンパニーを介入させ、資金の流れを不透明にするための工作を図った可能性があるとみており、近くI社社長を任意で事情聴取する方針。

 I社は消費者庁が昨年11月、ビズ社に一部業務停止命令を出した際に、システム開発会社「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)とともに関連会社として公表。I社はビズ社から仮想空間の3次元データなどのシステム開発を受託、I社はこの業務をフレ社に再委託していた。

 だが、捜査関係者によると、I社の登記簿上の所在地には事務所は存在していない。I社社長はフレ社の元業務推進本部長で、平成19年ごろ独立してI社を設立したという。

 また、ビズ社の関係先として県警が家宅捜索する予定だった投資会社「MIT」についても、登記簿上の所在地はフレ社と一緒だったが、事務所はなく、捜索が実施できなかったという。

新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
板橋の資産家夫婦殺害1年 絞り込めぬ犯人像(産経新聞)
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け(時事通信)
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
署名抜き「首相発言」で調整=対処方針、28日に決定へ―社民となお溝・普天間移設(時事通信)
posted by フジハラ トシハル at 11:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<詐欺>容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設(毎日新聞)

 転売目的で預金口座を開設したなどとして、警視庁捜査2課と本所署は20日、東京都清瀬市上清戸1、無職、村野太樹(31)と埼玉県川越市かわつる三芳野、職業不詳、須賀絵里子(32)両容疑者を詐欺容疑で逮捕したと発表した。2人は容疑を認めているという。

 2人の口座には、外資系生命保険大手「アリコジャパン」から流出した顧客のクレジットカード情報を悪用して購入したゲーム機などの売却益約550万円が入金されており、捜査2課は買い物をした人物との関連を捜査している。

 村野容疑者の逮捕容疑は、08年5月、不正に銀行口座を開設したとしている。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
リフォーム詐欺:「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問
詐欺容疑:アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ
リフォーム詐欺:「指導」公表せず、被害拡大の一因か
詐欺容疑:リフォーム会社社長逮捕 首都圏で被害3億円超
詐欺:うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕

<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
<送迎バス事故>園児ら5人軽傷…乗用車と衝突 名古屋(毎日新聞)
平城宮東院庭園、特別名勝指定を答申…文化審(読売新聞)
「極めて深刻」県幹部会見 主力種牛感染疑い(産経新聞)
口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
posted by フジハラ トシハル at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)

 宮崎県で発生している家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県は13日、同県高鍋町にある県家畜改良事業団の種牛6頭を、約20キロ離れた同県西都市に移した、と発表した。

 事業団の畜舎は、感染拡大防止のために家畜の移動が禁止された区域内にあるが、ブランド牛「宮崎牛」の生産に欠かせない種牛を保護するため、国が特別に区域外への移動を認めた。

 県によると、事業団は県の委託を受けて優秀な血統の種牛を飼育し、精液を畜産農家に販売している。被害が集中している同県川南町の隣町にあり、川南町の発生農家を中心にした家畜伝染病予防法に基づく半径10キロ圏の移動制限区域内に位置する。最も近い発生農家とは2キロ程度しか離れていない。口蹄疫発生後は精液の出荷を停止している。

 今回、移動が認められたのは、事業団が飼育する55頭の種牛のうちの6頭。6頭で事業団の精液供給の約9割を担っている。これらの種牛の血統を受け継いだ牛は2007年、全国和牛能力共進会で、9部門中7部門で最高評価を受けた。

 県は今回、「種牛は宮崎の宝」として、区域外への移動を許可するよう国に要請。国は、感染がないことや、移動先の周囲に畜産農家がないことなどを条件に、特例措置を認めた。県は「西都市の仮設畜舎周辺には畜産農家はなく、地元の了解も取った」と説明している。

 宮崎大農学部の後藤義孝教授(獣医微生物学)は「県産ブランドなど大切な家畜は数か所に分けて飼育しておくなど、感染症に対するリスク分散が重要だ」と指摘している。

淀川女性遺体 養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分(毎日新聞)
<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
支持率20%割れで首相「国民いらだち」(産経新聞)
架空取引で数億円流出か 大ガス子会社元社員 背任容疑 大阪府警(産経新聞)
推進本部は会期内提出を確認 憲法改正原案で自民党(産経新聞)
posted by フジハラ トシハル at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。